更年期障害でも低用量ピリが使われています。個人差はあるが、40代半場頃になると更年期障害が起こると言われています。

最初に出てくるのが月経の以上です。初めて発症するために、何事かと思われる方もいるかもしれません。ただし、女性なら当然という感じです。

それに続いてほてりや発汗、イライラなどの症状が出てくることが多いです。

更年期症状は疲れ安さや肩こりなどの体の症状から神経のいたみ、物忘れ、不安感などの精神症状まで実に多彩です。しかも複数の症状が重なってでることも多い。

しかしながら、生活に支障が出るほどの重症例は一割強で、さほど起こらないことがわかっています。通常は2~5年でおさまることが多いです。

そもそも更年期と閉経を挟んで前後5年間、日本人んお平均閉経年齢は50歳で、一年以上月経がないと閉経とみなされますので、いつもと違うと感じたら、一度病院や産婦人科で検査を受けてみてもいいかと思います。

卵巣から分泌される女性ホルモンおエストロゲンが減ると、脳からは「もっと出して!」と卵巣に司令が飛ぶ、卵巣は頑張るが以前んおように働けない。アクセルを吹かし続けるような状態に体と脳がついていけなくなるわけです。

いろいろな症状が出てくることもありますが、エストロゲンんお本格的な現症は40代湖畔からですが、もっと早い人もいれば、遅い人もいます。

ホルモンのゆらぎはその前の40代前半ころから始まっているという指摘もあります。

対策はPMS同様に、まずは日常生活から、食前では豆腐や納豆などの大豆製品を積極的に取りたいところです。

サプリメントを購入するのも一つの手段ですが、例えば大豆イソフラボンの活性を高めめた大豆発酵成分おサプリにはホットフラッシュの改善効果が認められているために、使ってみてもいいかと思います。

ただし、1日に服用量を多くすると、副作用が起こる可能性もあります。サプリメントだからといって、沢山の量を服用すれば必ず効き目があるわけではなた目に、しっかりと考えてから利用することが重要になります。