今までかなり悩まされていた生理による精神的なつらさや痛みを緩和してくれるのがヤーズ。

たえられないほどの痛みや精神のダメージがひどかんたし、PMS(生理前症状)もつらかった・・・。

ヤーズの服用を始めてから約3ヶ月で効き目を感じるようになり、ほとんど生理によるつらさを感じなくなりました。

ありがとうございますヤーズ様。

ヤーズ詳細・購入について>>

 

ヤーズとの出会い

私としてつらかった生理については、「頭痛や腰痛、イライラ」の痛みが本当に辛かったですね。

20代前半から、一年単位で痛みが強くなっていましたから。この痛みとともに、精神的にもやられていく感じでした。

痛みを感じそうになった時に、鎮痛剤のイブA錠を服用していました。

友達の情報で、鎮痛剤は痛みを緩和しつつ、精神を和らげる作用があるという話を聞いていたので、服用していました。

たしかに効果はありましたけど、ただ、服用量がどんどん増えていましたし、どんどん効き目を感じなくなっていました。

鎮痛剤の作用が薄まると、けっきょくは痛みを感じるようになり、我慢できずに何度か会社を休むこともありましたから。

私が働いている職場の上司が女性で、生理のつらさをわかってくれる人だったので良かったと思っています。

これが男性で、女性の生理のつらさを知らない上司だったら、私は仕事を辞めていたと思います。

ただ、仕事を休むことはできても、生理のつらさを休むことはできません。

そんなおり、私の悩みをやわらげてくれるのを見つけました。
それが超低用量ピル「ヤーズ」です。

もともと生理痛や妊娠予防などに低用量ピルが効果があることは聞いたことがありました。

ただ、利用している人が少ないというイメージが頭の片隅に合ったために、一歩踏み出すことができずにいました。

でも、そんなことないかな~と思いまして。
私のように生理痛で悩んでいる人は、病院や産婦人科に通院することで、検査などをうけることで、低用量ピルが処方されるとのことです。

それで私も最初は産婦人科に通院し、低用量ピルのヤーズの処方を受けていました。

ただし、個人的な意見となりますが、現在は産婦人科ではなくインターネットの通販でヤーズを購入しています。

理由としてはヤーズの価格が半分ほど購入できるからです。
つまり、金銭的なことを考えて、通販でヤーズを購入しています。

婦人科では、ヤーズは保険対象になるのですが、約1ヶ月分で3000円(薬価代)。

受診、移動などを加えると約5000円。

しかも、一ヵ月分しか処方してもらえないので、「金銭的と面倒」がどうしてもついてくるわけです。

今まではありがたいと思っていたのですが、生理の悩みが少し改善できると、次の金銭的な悩みが出てくるわけです。

私の毎月の給料で余裕があるなら、病院や産婦人科に通院を選びますから。

だけど、金銭的にあまり余裕が無いために、通販でヤーズを購入するということを選んでいます。

それに比べて、インターネットの通販だと便利。

あくまでも私のやり方なんですが、半年分(6箱)を通販で購入しています。
半年分だと約8000~9000円、1ヵ月分で1250円なので、かなり安いと私は思い、通販での購入を行っています。

「価格は安いかもしれないけど、販売しているピルは本物なのか?」

薬であるピルをインターネットで購入するのは、かなり不安な部分があります。

そのためにヤーズを通販で購入する前に、まずは信用性の高いお店を選ぶことが重要になります。

信用性の有無については、結局は購入して使ってみないとわからないということになりますが、その前に実際に使った人たちの口コミやコメントを調べて見るのも一つの手段だと思います。

口コミやコメントにもウソくさい記事がかかれているのもあります。

ただし、いろいろなサイトを探していくと、リアルなことが書かれているコメントを拝見することもできます。

つまり、ヤーズを購入して作用が現れて、「生理痛が緩和した、ニキビが治った」などの記事を見ることができます。

このような記事がかかれているサイトは、本物のヤーズを販売しているということになるために、ある程度は安心をして購入ができるのではないかと私は考えております。

ちなみにですが、私がヤーズを購入するときにお世話になっているのがオオサカ堂というお店(個人輸入代行)です。

あ?別に、オオサカ堂をオススメしているわけではありません。

ただ、購入しようかな?どうしようかな?っと迷っている人がいたら、まずコメント欄をチェックして見てください。

そうすることで、実際に悩んでいる人が使ってみての効果や副作用などをリアルに見ることができますから。

ヤーズ詳細・購入について>>

 

ヤーズの効果は生理だけでなく妊娠予防もある

私がヤーズ様を使う理由として、つらい生理を和らげるためです。

しかしながら、ヤーズは他にも妊娠を予防するために利用する女性がいます。

避妊予防として、パートナーにコンドームを装着してもらうという手段もあります。

でも、装着方法はピルと比較して避妊予防率がかなり低いことがわかっています。

なおかつ、好きなパートナーとの性行為を存分に楽しむためには、ゴムで触れ合うことは難しいと思います。

それよりも、ピルで避妊予防をしっかりしてから、肌と肌を触れ合わせたほうが性行為の感じ方がぜんぜん違うはずですから。

ピルは様々な方法の中で一番信頼性が高い避妊方法と言われています。

では、ヤーズはピル特有の「避妊予防」に対してはどうなのか?
実は、海外のアメリカやヨーロッパでは避妊予防のピルとして使用されているそうです。

現在のところ、日本では月経困難症の治療薬として処方され、避妊だけの目的では処方されないそうです。
ただ、避妊効果にたいしては、他の低用量ピル「マーベロン、トリキュラー」などと同じ効果になるとのこと。

嬉しいことにピルは服用を続けることに、避妊以外の副効用が期待できます。

それが排卵抑制作用や子宮内膜を薄くする効果です

ヤーズは排卵抑制作用と子宮内膜を薄くする効果もある

低用量ピルなどはの根本的な作用としては避妊薬として使われています。

しかし副効果として、生理のバランスが崩れないようにやわらげてくれる作用も期待できます。

この生理バランスを整えてくれるために、生理痛などにも大きく影響し、今まで辛かった痛みや精神的な部分を和らげてくれるわけです。

その他にも、低用量ピルを継続使用することでPMSである精神的症状を抑えることができます。

PMSは「月経前症候群」と呼ばれています。
生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です

さらにつよいぶぶんであるPMDDに対しても効果的なので世界的にも利用されています。

PMDD(月経前不快気分障害)

正常な月経前症候群(PMS)と比較して、より精神症状が重いものをいう。 イライラ、変わりやすい気分、不安といった精神症状、また睡眠や食欲に変化がある精神障害のことをいいます。。

ヤーズを継続して使用することで、卵巣がんや子宮がんなど女性ホルモンが関係するシリアスな病気のリスクを半減させる作用も期待できるこれは排卵抑制作用と子宮内膜を薄くする効果があるわけですね。

副作用の発症が少ない

ピルを毎日のように服用することで起こる副作用の発症が少ないため、継続的に利用ができるといわれています。

しかし、他のピルと異なり「生理、生理痛、避妊予防」に対して処方されるわけでなく、「生理困難症」の治療薬として処方され、そして健康保険が適用されます。

月経困難症とは、簡単に言うと、生理により起こるさまざまな症状になります。

たとえば、月経が起こることで下腹部の痛み、腹痛、頭痛、それから、消化器官によるゲリ、吐き気、など、このような症状も月経困難症にあたります。

ヤーズを使う場合は定期的な血液検査が必要

遅かれながら最近になり知りました。

やはり、インターネットの通販で低用量ピルなどの医薬品を購入する場合は、ある程度の知識や情報は常に吸収しておかなくてはいけませんね。

低用量ピルの副作用に「血栓」が起こる可能性があるそうです。低用量ピルにも種類は色々ありますが、そのなかで、超低用量ピルであるヤーズは他のピルと比較して血栓が起こる確率が高いとのこと。そのため、国内で販売している会社に対して、厚生労働省が添付文章に警告欄を付けて注意を呼びかけたそうです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000034892.html

そもそも、血栓とは血が詰まりやすく、血流が遅くなることを言います。そのために、心臓や脳、肺に対する異変が起こり、最悪の場合は死に至ることも。

あくまでもピルを服用することで血栓が起こるわけではなく、一年あたり、一般の女性で1万に1~5人の割合で血栓が発症するそうです。

しかし、ピルを服用することで3~9人に高まりやすいとのこと。そのため、避妊や生理痛、子宮内膜症の治療薬として服用する効果とは別に、副作用が起こる可能性もあるということを理解した上で服用をしなくてはいけません。

ヤーズを産婦人科などで処方しているのなら、定期的な検査などを受けることができるため、さほど副作用の心配はないと思います。

インターネットの通販で個人の判断でヤーズを購入していると、血液や他の臓器に負担がかかっている恐れがあります。

通販で購入する人も様々な理由があると思います。
ただし、体の健康を考えると、自己判断で薬を購入している場合、定期的な検査は必須ではないかと私は思います。

何かが起こってからでは遅いため、低用量ピルを服用するなら、十分に理解と知識を頭に入れた上での自己判断が必要です。

ヤーズ詳細・購入について>>